飲食店専用POSレジ・POSシステム・ASP業務管理システムのアルファクス・フード・システム HOME サイトマップ
会社概要 採用情報 IR情報 ニュースリリース 製品情報 資料請求
フードベンチャー
TOP
ごあいさつ
編集方針
ベンチャースポット
インターネット探訪
格言
ベンチャースポット
バックナンバー

 VENTURE SPOT 2006年5月号 一覧に戻る
銀座十石
ワキョウ・インターナショナル株式会社
代表取締役 葉葺正幸(はぶきまさゆき) 氏
<こだわりの“おむすび”>

かつては家庭の手づくり料理の代表格であった“おむすび”が、コンビニの中食を経て、外食のグルメ商材の地位にまで登りつめたのはごく最近のことだ。そして、その“グルメおむすび”ブームの一端を担ったのが、今回ご紹介する「銀座十石」であることは間違いない。「銀座十石」は、1999年の本店開業から数々のメディアに採り上げられてきた。いわゆる情報誌の食べ物ページはもちろん、雑誌やテレビばかりではなく、エッセイ書にまで登場した「おむすび店」なのだ。こうした活字になった「銀座十石」のリストは、同社のホームページに掲載されている。なかでも、雑誌ブルータスの“日本一の「手みやげ」はどれだ!?”という特集では、作詞家の秋元康氏が「銀座十石」のおむすびを第2位にランキングするなど、その評価は高い。こうした高い評価はどこから来るものだろうか。「銀座十石」は、おむすびづくりに使用する食材について「それぞれが、単体でも商品価値があるほどグレードの高い、最高の食材を使用する」ことにこだわっている。近年では魚沼産よりも評価が高いとされる妙高山麓のコシヒカリや瀬戸内海産の海苔、長崎から取り寄せた海水塩など、日本中から納得のいくまで最高の食材を探し出し、あくまで人の手によっておむすびを握る、というのが「十石」のポリシーなのである。何よりも、食材の良さは「冷めても美味しい」という評価につながっている。おむすびは“その場で食べる”だけではなく、お弁当として持ち運ぶことも多い食べ物であるだけに、この「冷めても美味しい」という価値は、非常に重要なのだ。“女性の食べやすい大きさ”を基準として作られる小さなおむすびだが、その中に詰め込まれた美味しさはとてつもなく大きい。

<社内ベンチャーからのスタート>

「銀座十石」を経営するワキョウ・インターナショナル社は、「おにぎり」ビジネスを展開するために設立された会社だ。経営者の葉葺氏は、もともと新潟の地元では有数の、ある企業グループの社員として働いていたが、グループ親会社の社内起業塾の第一期生として、おにぎり店のチェーン展開というプランを企画し、30歳そこそこの若さで新規事業立ち上げの責任者に抜擢された。その一年近い準備期間のあいだは、どのような商品を作れば良いのか研究するため、首都圏を中心にさまざまな「おにぎり屋」の商品をひたすら食べ歩く日々が続いた。そして、当時からすでに味の良さで評判となっていた「銀座十石」に出会ったのである。同店におむすび店ビジネスについて教えを乞おうと、飛び込みで当時のオーナーを訪問した葉葺氏の“おにぎり”ビジネスに賭ける情熱と食材への“こだわり”が、「銀座十石」オーナーの心を動かした。最終的に、葉葺氏が「銀座十石」のブランドと店舗をそのまま譲り受けるかたちで、現在のワキョウ・インターナショナル社の事業がスタートしたのである。当初は、店舗も銀座本店の1店舗のみであり、その本店の売上げも決して現在ほど大きなものではなかった。葉葺氏は本店2階のおむすび工房の床に寝泊まりしながら、惣菜商品を充実させたり、商品の陳列を工夫したりなど、さまざまな苦労を重ねて売上げを伸ばした。さらに、1年半ほどのあいだに百貨店や駅ビルなどに数店舗を出店して業績を拡大したのである。

<新たな方向性でさらなる発展>

2年ほど前、葉葺氏は会社の方針を大きく変えた。それまで銀座の本店のビルにあった本社を築地に移し、そこに新たなおむすびの工房を設置。日本の食材の総本山とも言える築地で、さらに美味しい食材を追求し、多店舗化を目指すのではなく、本当に「銀座十石」のこだわりを理解してくれる顧客を相手に商売をすることに決めたのだ。計6店を出店した店舗も3店舗に減らし、築地の工房兼配送センターから企業などへのデリバリーやインターネット上での食材の販売を中心としたビジネスに移行したのである。このことで、店舗数は減ったにもかかわらず、業績はさらに伸びた。昨年は、懸案であった銀座本店の改装も行い、杉材を用いた、和の暖かみを感じさせながらスタイリッシュなデザインの店舗にリニューアルした。現在、築地からテレビ局などの優良顧客に向けて「十石」のおむすびが届けられている。マガジンハウスという出版社の2006年度の採用ページの中、「会社周辺の食のオアシス」というコーナーでは、「大量に買っている人を見かけたら、それはうちの会社の社員です」というコメント付きで、一番最初に「銀座十石」が掲載されていたほど、芸能人や業界関係者などの間では「銀座十石」のおむすびは有名なのだ。これまで、最も多いときは一度に3000個を製造し納品したという。そして、葉葺氏の最高の食材探しの旅は、今もまだ続いているのである。


会社名 : ワキョウ・インターナショナル株式会社
店舗名 : 銀座十石
所在地 : 東京都中央区銀座3-9-2
T E L : 03-5565-6844
H  P : http://www.jukkoku.com/

一覧に戻る

広告掲載リンク・著作権会員規約個人情報保護方針電子公告
Copyright(C)2019 Alphax Food System Co.,Ltd.All Rights Reserved